ダニ対策どうすればいい?悩み調べたすえに日革研究所「ダニ捕りロボ」を買った私なりの理由とその効果

アレルギー
まほこ
まほこ

こんにちは、管理人のまほこです。

突然ですが、2018年はダニに悩んだ前半を過ごしました。

 

みなさんは、布団の宅配クリーニングについて記事を書いている私が「ダニで悩んでいるなんておかしい!」と感じるかもしれません。

 

そう。「布団丸洗い」。その「ダニの駆除力」と「ダニの死骸とフンの除去力」はあらゆるダニ対策の中でもトップクラスだからです!

 

私は定期的に布団の宅配クリーニングをしているので、寝ている時にダニ被害にあったと感じたことは最近ありません

 

が、しかし!ダニは布団だけに発生するわけではなかったのですw

 

 

なぞの虫刺されに悩む日々

まほこ
まほこ

ちょっと聞いてください。

 

我が家の食卓の椅子。その1つが合皮のソファです。このソファ、見た目以上に寝心地がよいという落とし穴がありまして・・・

 

寝心地の良いリビングの合皮ソファ。まさかこんな拭き取れるソファでダニに刺されるなんて!

 

食事の後に自分好みのハイボールを飲んでテレビを観ていると、ついうとうと寝てしまいます。そんな翌日は、たいていお腹や太ももなど、体の柔らかい部分がとても痒くなるのです。

 

服をめくって自分のお腹を見ると、そこには赤く腫れた原因不明の虫刺されが・・・この謎の虫刺され事件は連日おこりました。かゆみは1つあたり10日以上も続きます。それが毎日増えていく・・・

 

刺されたのは夏のさかりであり、ノースリーブや水着を着る機会もあるわけです。海やプールで汚い虫刺されだらけになった太ももやふくらはぎを晒(さら)すことに・・・

 

なんて痒く辛いことか!もはや発狂寸前でした。すぐにこの悩みからおさらばしたい!

 

私はお腹や太もも足首などをかきむしりながら、この虫刺されが何なのか調べ始めました。

 

 

「ツメダニ」が犯人と特定

 

まほこ
まほこ

なぞの虫刺されの原因は何か?

色々な虫刺されについて調べた結果、私の虫刺されは「ツメダニ」が原因と判明しました。

室内で人を刺す可能性のある虫は、ツメダニ・イエダニ・ノミ・蚊・ツツガムシ・トコジラミなどがあります。屋内にはチリダニも生息していますがチリダニは人を刺しません。

 

犯人リストを絞り込むために、私はダニ駆除について調べ、以下のようなチェックをすれば犯人を特定できることを知りました。

 

 

虫刺されの原因を探るチェックリスト

  • 複数の刺し傷があるか? (ツメダニの刺し傷は1つ)→ない
  • 柔らかい場所(腹・太もも・尻)を刺されたか? (ツメダニは顎が弱いので柔らかいところを刺す)→YES
  • 服の下も刺されたか?(服の下まで刺すのはツメダニの可能性が高い)→YES
  • 足元ばかり刺されるか? (YESならノミの可能性あり)→NO
  • 痒いか?どのぐらいの間痒いか? (ダニは2日目がいちばん痒く、10日ぐらいひきずる)→10日ぐらい
  • しこりや水疱があるか? (しこりや水疱はノミの特徴)→NO

 

こうして私を指した犯人は「ツメダニ」と分かりました。

 

家で被害にあいやすい虫とその特徴
ツメダニ チリダニ ノミ
噛まれる場所 服の下(お腹・太もも・尻など)の柔らかい部分 人は刺さない 室内では猫や犬に寄生し腕や体を咬む。屋外では主に足を噛む
噛み跡 1つ 1つ
症状 刺咬後8時間で晴れ始める。2日目が痒みのピーク。10日ほど痒みが続く。糞と死骸はアレルゲンになる 死骸や糞(フン)がアレルギー症状の原因になる 刺咬後1〜2日で腫れ始める。水ぶくれやしこりができる

 

 

家の中の虫刺されの多くは、蚊・ダニ・ノミのどれかです。

 

蚊はすぐに分かりますね。ノミの特徴は「足元ばかり刺す」や「しこりや水疱ができる」なので今回は違います。消去法で犯人はダニに決まり、家の中にいるダニで咬むのは「ツメダニ」と結論しました。

 

 

 

ダニはアレルギーの原因になる

まほこ
まほこ

さて、私を悩ませていたのが「ツメダニ」と分かりましたが、刺さないとはいえ「チリダニ」も家の中を闊歩しているかと思うと、全くいい気持ちはしません!

 

そこで、チリダニの被害について調べました。すると・・・彼らはダニによるアレルギーの原因であることが分かりましたw

 

そういえば、私は原因不明で「顔や腕の柔らかい部分が急に痒くなって赤く湿疹になること」があります。これはもしかしてダニアレルギー・・・なのかも!?怖い。

 

 

ダニアレルゲンの効果的な除去方法

まほこ
まほこ

ダニのアレルギー被害をなくすには「ダニアレルゲン」の除去が必須です。

ダニの専門家のサイトなどをくまなく読んだところ、ダニアレルゲンの除去には「ダニの生け捕り(いけどり)」が最も効率の良い方法と分かりました。

 

なぜ生け捕りなのかというと、ダニは死ぬと乾燥して粉々になり、室内に散らばり浮遊します。この粉々になった死体がアレルゲンになるのだそう!

 

つまり殺虫しただけではアレルゲンは部屋に残ったままになり、結局アレルギーは起こってしまうんです。

 

まほこ
まほこ

殺すだけではだめなんです。ダニの死骸と糞も取り除かないといけないんですね。

 

だから最も効率のいいダニの駆除方法は「生け捕りにしてから殺すこと」です。

 

死んで粉々になったダニを掃除するよりも、生け捕って閉じ込めたダニを一網打尽にするほうが、虫刺され撲滅と、アレルゲンの除去を同時に簡単にできるからです。

 

でも、絨毯やソファは布団みたいに洗えないじゃないですか。生きたまま洗い流してしまうことはできません。

 

では、生け捕りにするには掃除機をかければ良いのでしょうか?

 

調べたところ、掃除機はいまいちの方法でした。掃除機では生け捕りが困難なのです。

 

あるダニ研究者は「ダニは暗いところが好き。掃除機の音や振動に対して敏感。音がするとカーペットの奥へ逃げる。8本の脚で繊維にしがみついているので掃除機に吸われにくい」などの特徴があると述べています。

 

つまり、掃除機ではダニは吸いきれないんです(悲)

 

 

効果的なダニ駆除アイテム「ダニ取りロボ」

まほこ
まほこ

掃除機ではダニを駆除できない。あのレイコップを買ってもいまいちか・・・

 

八方塞がりに思えましたが、生け捕りにして、捕獲したダニを100%殺すことができるアイテムを見つけました。それがダニの専門機関「日革研究所」が研究開発した【ダニ捕りロボ】
です。

 

 

「ダニ捕りロボ」の特徴

まほこ
まほこ

ダニ捕りロボは理想的でした。その特徴がこちらです。

  1. ダニを大量に捕獲する
    1. 商品の内部にダニの大好物(誘引剤・無害)が入っている。その匂いで屋内ダニ(チリダニ・ツメダニ等)が引き寄せられ「ダニ取りロボ」の中に入る。布団やカーペットの奥のダニもこの臭いから逃れられずに入っていく。
  2. ダニの弱点「乾燥」で退治する
    • ダニは体の約80%が水分。ダニの大好物の中に「吸湿性セラミック」というダニの体表等に付着し、体の水分を奪う物質が入っている。これがダニを退治する。
  3.  捕獲したダニを逃がさない
    • 「ダニ取りロボ」の中に入ったダニの死骸は、不織布を重ねたマット内に閉じ込められ、100%退治される。使用後はそのままゴミ箱に捨てるだけ。捕獲後のダニの致死率100%とは、JISに準拠した「防ダニ試験(インテリアファブリックス性能評価協議会)」で「ダニ増殖抑制率100%」として証明されているため公言できる。
  4. 化学性殺虫成分ゼロの安心
    • 「ダニ取りロボ」に使用しているダニの大好物は食品粉末、ビール酵母、食品添加物など自然由来の成分だけで作られているので無害。
  5. 子供・赤ちゃんにも安心
    • 化学性殺虫成分を全く使っていないので、子供・赤ちゃん・妊婦さん・アトピー性皮膚炎・ダニアレルギーのある人・ペットも安心して使える。国内外の検査機関で各種安全性が立証されているので信頼できる。
  6. 臭いも敷いてしまえば気にならない
    • ハーブのような臭いがするが、敷いてしまえば問題ない。

ダニ捕りロボをくんくんしてみた。ハーブのような、餌のような臭いがするが、敷いてしまうので問題ない。

 

 

「ダニ取りロボ」の値段は「高いけど安い

まほこ
まほこ

「ダニ取りロボ」の売れ筋商品である「特選セット」は、ラージサイズ2個入り・レギュラーサイズ3個入り(合計5個入り)、8,208円(税込)です。

 

「ダニ取りロボ」の使用期限は3ヶ月(90日)なので、1個1日あたり約18円です。

 

「ホームセンターに売っている殺虫剤」や「テープ粘着式の捕獲で、殺す機能の少ないシート」よりは見た目の値段は高いですね。

 

まほこ
まほこ

でも効果も高い(笑)加えて大きなメリットが沢山あります。

  • 生け捕って殺す
  • 使用後はゴミ箱に捨てるだけ
  • ダニを駆除したい場所の下に置くだけ
  • 安全で安心
  • 駆除の手間と時間が「ゼロ」

 

このことを考えると、仕事も家事も子育てもしている「忙しさ」の中で駆除しなければいけないことや、外で働いた場合の自分の時給との比較してみて、ダニは「ダニ取りロボ」にまかせて自分は働いたほうがずっと良い!と思いました。

 

もちろん、類似商品の捕獲方法「粘着テープ式」のダニ取りシートもありましたが、私は選択しませんでした。

 

値段はダニ捕りロボよりも安いですが効果的には弱いからです。粘着式なのでダニはひっつきますが完全に殺すところまでは保証さません。

 

安いものは効果が低いか、殺虫成分が含まれているものが多いので、原材料表示をよく見て選びたい。

 

 

 

一方、ダニ捕りロボは「餌でおびき寄せて乾かして殺す方式で、安全で、繰り返し使えて経済的」というカテゴリの商品の中では最安値でした。

 

この駆除方式は、殺虫剤を使わない安全な駆除方法の中では最高水準の方法です。

 

というわけで、ここまで考えて、私は「ダニ取りロボ」の【公式サイト】でポチっと購入しました。

 

 

 

使い方が簡単すぎてにっこり

ダニ捕りロボの中身

 

「ダニ取りロボ」は、わかっちゃいたけれど、使い方が超・超・超かんたんで開けてみて驚きました。ダニの大好物(誘引剤)を開封し、黄色い専用カートリッジに入れて駆除したいものの下に入れるだけです。

 

使用開始日を記入して貼り付ける

 

こうして入れるだけ

 

あとは一週間ていどしたら、駆除エリアにいるダニの大部分がダニの大好物(誘引剤)に引き寄せられ捕獲されます。

 

私は最優先のソファ・押入れの中に作っているクローゼット・ベッドのシーツの下・洗えない素材の折りたたみ式マットレス・カーペットの下にそれぞれ敷きました。

 

 

管理人まほこが「ダニ捕りロボ」を敷いた場所

第一目的の合皮のソファ

ダブルベッドのマットレスとシーツの間

布団を入れている押入れの中

押し入れをクローゼットにしている部分

カーペットの下

洗えない素材の折りたたみ式マットレスとシーツの間

 

 

「ダニ取りロボ」の効果

まほこ
まほこ

おかげさまで、キッチンのソファで連日刺されていましたが、「ダニ取りロボ」を置いてから一週間後あたりからは被害が無くなりました。

 

顔や腕がアレルギーっぽく赤くなることも激減しました。

 

ほんとうに良かったです!

 

夏に「ダニに刺された跡」がまだお腹や太ももから消えないのをみて、二度と刺されたくないと思います。

 

痒かったし、露出部分が醜くくなるのでスカートを履くのが嫌になりました。ダニのせいでおしゃれを躊躇するのはまっぴらごめんです!

 

効果があると分かったので、次からは「ダニ取りロボ」を定期購入しようと思います。

 

 

「ダニ取りロボ」を最安値で買う方法

「ダニ取りロボ」は公式サイト・Amazon・楽天などで売っています。値段はどこも同じで、「特選セット」なら、ラージサイズ2個入り・レギュラーサイズ3個入り(合計5個入り)、8,208円(税込)です。

 

まほこ
まほこ

この中で最もオトクに買えるのは「公式サイト」から「LINE@に登録して500円オフクーポンをゲットする」方法です。

 

こちらの「ダニ取りロボ」公式サイトに行くと、商品説明の途中に以下のLINEのお友達登録バナーが登場します。まずはここで友達追加をしましょう。

 

 

その後、購入手続きをすすめ「お支払い方法の選択」画面でクーポンコードを入力します。これで、他のどのサイトよりも安く購入できます。

 

 

 

まほこ
まほこ

あなたがダニと決別し、快適でアレルギーや刺され傷の無い毎日をおくれますように♪

 

まったね〜!