共働き夫婦のための宅配クリーニングはどこ? |「仕事と家庭の両立」をグンッ!と楽にする使い方も紹介

共働きは何かと大変!

20160926114644
共働きって大変です。

私もそうなのですが、家の中にはやるべきことがいっぱいあり、どれもをきっちりこなすのはとても難しいと感じています。

うちは子持ち夫婦なので、妻の私が時短勤務をしていて18時ぐらいに帰りますが、その時間帯は子供にご飯を作るのが精一杯で、クリーニングは土日の仕事になりがちです。

夫の帰宅はかなり遅いため、持っていってもらいたいけれど、お店の営業時間に間に合いません。そのため、これまでクリーニングを土日におこなっていました。

しかし、貴重な土日です。他にもやりたいことは山積みで、遊びにも行きたいし、クリーニングに「荷造り・移動・持込み・行列待ち・引き取り・移動」と、約1時間も使うのはもったいないし、大変だし、疲れると感じ始めました。

そこで、友人が「良いよ!楽になるよ!家の中でクリーニングが終わるよ」と言っていた宅配クリーニングを利用してみることにしたのです。

すると・・・

本当に家の中でクリーニングが完了し、2日後に受取り

家に届けてくれるから受取に行くのを忘れる心配もない。

家に届けてくれるから受取に行くのを忘れる心配もない。

軽い気持ちで宅配クリーニング「リネット」のお試し利用をしてみました。すると!本当に「家の中だけ」かつ「平日」にクリーニングが完了してしまいました。「これは楽だな!」と感動。

平日の夜「大きなショッピングバッグに衣類を詰め込んで」おいて、その後スマートフォンアプリで集荷を依頼。来てほしい時間を指定します。翌日の帰宅後、ヤマト運輸のドライバー伝票を持って受取りにきてくれました。

しかも、衣類を依頼したのは月曜日で、受け取ったのは水曜日です!最短2日でした。

その後は箱をあけてクローゼットに吊るすだけでした。

  • え!? こんなに楽になるの?
  • 土日はクリーニングに行かなくて良いの?
  • 支払いの手間もなし?
  • クレジットカードにポイントも貯まる?
  • 店頭で行列に並ばなくて良いの?
  • 重たい思いをしなくていいの
  • 料金も若干安いけどいいの?

様々な喜びがいっきに頭を駆け巡りました。

家計にも優しい

クリーニング代金は近所のクリーニング店と同じぐらい。スーツの上下は50円も安くなった

家計も助かりました。「料金もほとんどの衣類が、近所のクリーニング屋さんと同じぐらいの値段だし、スーツの上下は50円安かった」からです。

料金が同程度なら、自分で持って行ったり引き取りに行く時間を節約できるのはありがたいことです。

高くなるなら少し考えますが、最近の宅配クリーニングは少し前の高価なイメージと全然違って良心的でした。

いちばん時短できるサービスを同僚にリサーチ

「リネッ」トを利用したのは、会社の同僚が「リネットがいちばん時短できる」と教えてくれたからでした。というのも、宅配クリーニングには、街のクリーニング屋さんのように「衣類ごとに定価の決まってるサービス」「5点5,000円」のようにパック料金になっているお店があります。

この場合、「いつものクリーニング屋さんと同じ感覚」で利用できるのは「衣類ごとに定価の決まってるサービス」です。

共働きで仕事着をクリーニングに出す場合、ワイシャツ・スーツの上下・ワンピース・ジャケット・スカートなどが中心になります。これらは近所のクリーニング屋さんでは、ワイシャツは150〜300円、スーツの上下は1,000〜1,300円ではないでしょうか。

これらを同じぐらいの値段で依頼するには「街のクリーニング屋さんと同じ料金体系のサービス」を選ぶほうがベターです。すると、料金は据え置きで、持込みや引き取りの手間が全部なくなります。

その時短効果はすごく、80%も時間が浮いた!と感じています。

宅配クリーニングリネットを使って実感の家事削減効果

ところが、選択を間違えて「パック料金式のサービス」に依頼してしまうと、残念なことが起こります。

例えば、最安値のお店でも1点540円となり「割高だからワイシャツをやめようかな」とか、「5点に満たないからまた来週にしよう」とか、余計なことを考える手間が必要になり、忙しさの解消にはつながらないばかりか、余計高くつくケースまで登場してしまいます。

パック料金のサービスは、衣替えの時期にコートなどの定価が高い衣類をまとめて出す場合に最大の効果を発揮するというわけです。

中でも「リネット」がいちばん時短できる理由

imgres

街のクリーニング屋さんと同じような料金体系の宅配クリーニングで、実績があり使いやすいシステムになっているのが「リネット」「バスケット」「ネクシー」の3社です。ホームページが分かりやすく、値段も「送料込みで街のクリーニング店並み」と嬉しい形です。

この3社の中からリネットを選んだ理由は3つあります

  1. 送料込みで料金がいちばん安い(1,900円以上で送料無料)
  2. 最速で受け取れる(最短2日)
  3. 唯一スマホアプリがあり、集荷依頼が極めてラク

この3つを導き出した根拠は以下の表です。

送料1900円以上無料のリネットは、少量でも気軽にクリーニングに出せうことから「普段何も考えずにルーティンに使う」のに最適でした。また、スマホアプリから集荷依頼や受取日の確認ができるので、通勤時間などのスキマ時間も有効に使えます。また2日で受け取れるのも嬉しいです。持っているスーツの点数が少なくても、すぐに返ってくるからです。

時短・手間を削減できる業者の比較表

料金シュミレーション/共働き夫婦の仕事着 (スーツ2セット・Yシャツ2枚・柄シャツ1枚・ブラウス2枚・ワンピース1着の場合)

リネット バスケット(閉店) ネクシー
 共働き夫婦2人分 料金 4,790円

1,900円以上送料無料

合計 4,790円☆

料金 4,960円送料無料

3,000円以上

合計 4,960円

料金 4,580円

4,000円以上送料無料

合計 4,580円

その他の特徴・申込方法

リネット バスケット(閉店) ネクシー
最短お届け期間 2日☆ 5日 九州3日、他5日〜
送料 1,900円以上無料

未満:490〜980円

3,000円以上無料

未満:1,080円

西日本:3,000円以上

東日本:4,000円以上

他:5〜6,000円以上

配送業者 ヤマト運輸

コンビニ持込み

伝票不要

ヤマト運輸

コンビニ持込み

伝票不要

佐川急便

コンビニ持込みあり(ヤマト利用・手数料500円)

集配依頼 アプリ・HP・電話 HPか電話 HPか電話
スマホアプリ iPhone・Android

スマホ対応

なし なし
コメント 送料1,900円以上無料なので、少量でも出しやすいです。便利さ・安さ・早さ、どれも一番です! スーツと白のYシャツだけならここもあり。 本拠地が長崎。九州在住ならあり!関東在住では送料が高すぎて使いにくい。
申込方法 リネット の申込方法を確認する バスケットの申込方法を確認する ネクシーの申込方法を確認する

「仕事と家庭の両立」をグンッ!と楽にする使い方

リネットの専用集荷袋

リネットの専用集荷袋

使い始めて気づいたことなのですが、初回に依頼した衣類が返却された箱に「リネットの集荷袋」が入っています。この袋を洗濯カゴの中に入れて口をあけたままにして置いておき、クリーニングに出す衣類を、脱いだ時にたたんで入れていきます。

夫のスーツ上下、私のスーツ上下、ワイシャツ3枚ぐらいで袋はいっぱいになるのですが、これだけあればクリーニング代金は1,900円は超えるので送料無料です。

送料無料までたまったら、そのまま袋のチャックを閉じて集荷のヤマトさんに渡します。専用伝票もついているので住所を書くことはありません。

これで、ほぼ何もしなくてもクリーニングに出す作業と受取る作業が完了(^^)し、料金はクレジットカードで払うのでお金を用意する手間もありません。クレジットカードのポイントもたまるので、マイルで旅行にいく足しにしています。

やってみると良いことずくめでした。

結論:共働きのための宅配クリーニングは「リネット」

この表をみると、リネット1択と言っても良いと思い、私はリネットに決めました。良いですよ。この記事を参考に、クリーニング作業を効率化して、あなたの毎日が少しでも楽しいものになりますことを書きながら願っています(^^)

それではまた!

▶いちばん時短できるリネットの詳細はこちら

lenet-botan

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする