これだけは知っておきたい「クリーニング」のあれこれ | ドライクリーニング・ウエットクリーニング・染抜きを徹底解説!

意外と知らない!「クリーニング」は、こんなことをいしてくれるサービスだった(^^)

意外と知らない!「クリーニング」は、こんなことをいしてくれるサービスだった(^^)

衣類のクリーニングとは

単にクリーニングという場合、一般的に「ドライクリーニング」のことを指します。

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングの特徴

クリーニング店のクリーニングとは「ドライクリーニング」を指している。

クリーニング店のクリーニングとは「ドライクリーニング」を指している。

ドライクリーニングは、1800年頃にフランスで開発された衣類の洗濯手法です。水で洗うと型崩れ・縮み・色落ちが生じやすい衣類(ウールの背広・レーヨンのブラウスなど)に用いられます。

洗う時は、もちろん水は使いません。ドライクリーニング専用の「有機溶剤」で洗浄します。この有機溶剤は普通はクリーニング店にしかありませんので、ドライクリーニングは家庭では行なえません。

「エマール」や「アクロン」などの「ドライ衣料用の洗剤」は、ドライクリーニングではありません。正確には、水で洗っても型崩れや縮みを少なくできるように工夫されている「水洗い用の洗剤」です。

落とせる汚れ、落とせない汚れ

ドライクリーニングで落とせるのは、ファンデーションなどの油溶性の汚れ

ドライクリーニングで落とせるのは、ファンデーションなどの油溶性の汚れ

ドライクリーニングには「落とせる汚れ」と「落とせない汚れ」があります。落とせるのは油溶性の汚れ(皮脂・食用油・グリース・口紅・ファンデーション・ボールペンなど)です。

落とせないのは水溶性の汚れ(汗・汗からくる臭い・汗、塩、砂糖、しょうゆ、果汁、肉汁、アルコールなど)、不溶性(水にも油にも溶けない性質のもので、土・ホコリ・スス・墨など)、色素汚れ(インク・変色した汗ジミなど)です。

ドライクリーニングの有機溶剤

ドライクリーニングの有機溶剤には、パーク(パークロエチレン)・フッ素系溶剤・石油系溶剤などがあります。

それぞれ特徴があり、溶解力・引火性・沸点・比重などが異なります。クリーニング職人さんは、これらの特徴を熟知しており、衣類に合わせて溶剤を使い分けます。チェーン店ではコースによって使う溶剤を決めていることもあります。

たまにクリーニングした衣類が臭うことがあります。それは有機溶剤の臭いです。とりわけ「汚れた有機溶剤」で洗浄した可能性が高いです。

そのため、品質の良さを主張するクリーニング店のホームページでは「有機溶剤の清潔さ」を写真付きで紹介しているとことも多いです。

臭いが気になる方は、「臭いが少ない」とPRしていたり、「うちの有機溶剤は綺麗ですよ!」と主張しているクリーニング店を選んでください。

「ドライ」マークの衣類を洗う有機溶剤

ドライクリーニングの洗濯マーク

ドライクリーニングの洗濯マーク

パークロエチレン(テトラクロロエチレン)は、日本で二番目に多く利用されている溶剤です。油を落とす力が強く、比重が大きいことから短時間で洗浄と乾燥が終わります。しかし、有害物質に指定されており、クリーニング店では排出の仕方に厳しいルールが設けられています。

フッ素系溶剤(HCFC-225)は、油汚れを落とす力は弱いのですが、浸透量と比重が大きいので短い時間で洗い上げることができます。沸点は低く、低い温度で乾きます。注意点は、ボタンを痛めやすいのでホタンを保護してから洗浄することです。

「ドライ&セキユ系」マークの衣類を洗う有機溶剤

132566

「ドライ&セキユ系」洗濯マーク

石油系溶剤は日本でいちばん普及している有機溶剤です。油汚れを落とす力が小さいく、繊細な素材の衣類にむいています。そのため、多くのファッションブランドが「いちばん優しい溶剤」と理解しています。結果、他の溶剤がOKなものであってもタグに「ドライ&セキユ」マークがついていることもがよくあります。

有機溶剤のデメリット

化学やけどに注意しましょう。石油系溶剤でドライクリーニングしたとき、品質の低いクリーニング店だと、十分に乾燥ができていないケースがあります。そのまま衣類を着用すると、化学やけどをしてヒリヒリするなどの症状がでます。

もしクリーニング後に「異臭がする」場合は、クリーニング店に相談しましょう。それが面倒な場合は、ビニール袋から出して自然乾燥をしてください。有機溶剤は「液体」なので干しておくと蒸発します。

染抜きとドライクリーニングは別物

染抜きとドライクリーニングはまったくちがう!

染抜きとドライクリーニングはまったくちがう!

ドライクリーニングに出したのに「シミが落ちなかった!」そう思うことはありませんか?実は、ドライクリーニングに出したからと言って、全てのシミが落ちるわけではありません。ドライクリーニングに出しても醤油汚れは落ちないのです。(醤油がドライクリーニングで落ちない理由は次の章で解説します。)

そのため「染抜き」というオプションが設けられています。染抜きとは「汚れの性質に合わせた処理をわざわざ別途おこなう」ということです。

一般的な染抜きの行程は、「油性の汚れを除去→水性の汚れを除去→タンパク質を除去→色素を除去→中和→最後にクリーニング」となります。ここまで知ると「染抜き」が意外なほど手間がかかることが分かります。

とはいえ、誰しもクリーニングに出すのは「衣類を綺麗にしたい!」から。そのためにお金を払います。それなのにシミが落ちていなければ腹も立つというもの。

そこで、近年急成長している「宅配クリーニング」では、「店員と対話できない」という不利な状況から「染抜きオプションを頼んでいない人」から「シミが落ちていない!」というクレームを受けることになりました。

事情を知ってしまうと「言いがかりだ!」と言いたくなる状況です。しかし、「染抜きは手間がかかる別作業」と知っている人の方が少ないので仕方がありません。

そこで登場したのが「全品染抜き無料!」「どれもこれも染抜きします!」というサービスでした。このおかげで、殆の宅配クリーニングでは、通常料金で染抜きを無料で受けられます。利用者としてはありがたい状況になりました!

汗と醤油はクリーニング出しても落ちない!

汗と醤油はドライクリーニングで落ちない

汗と醤油はドライクリーニングで落ちない

さて、ここで衝撃の事実をはっきりとお伝えします。「汗」や「醤油」はドライクリーニングだけしても落ちません!!!

汗や醤油などの水溶性の汚れは「水洗い」をしないと落ちないのです。とほほ・・・。それじゃあ、クリーニングに出す価値あるの?と思った方もおられると思います。では、ウール素材のものや型崩れをしたくないスーツから汗や醤油を除きたい場合、一体どうすればいいのでしょうか? ここで登場するのが伝家の宝刀「ウエットクリーニング」です。

汗を落とせる「ウエットクリーニング」とは?

ウエットクリーニングはクリーニング職人の高度な技があって初めて可能なサービス

ウエットクリーニングはクリーニング職人の高度な技があって初めて可能なサービス

ウエットクリーニングは、ドライクリーニングの後に「クリーニング職人の技」を駆使して初めてできる「水洗い」です。衣類についた汗の主成分「塩分」を溶かし出してくれます。臭いもとれ、さっぱりと仕上がります。

このウエットクリーニングは、通常オプションで付けることができます。ウエットクリーニングは高い技術が必要なので大手チェーンでは「白洋舎(スーツ上下で2,700円〜3,400円円」が扱っています。

小さな個人経営のクリーニング屋さんで「ウエットクリーニング」が上手なお店はかなり優秀なお店です。

宅配クリーニング会社では、最大手の「リネット(スーツ上下2,300円〜2,550円)」が最安値でウエットクリーニングができます。次点は、高級衣類を頼むのにちょうど良い「リナビス」です。1着500円追加でウエットクリーニングをつけることができます。

結論としては、通常のドライクリーニングでは汗汚れは落ちないので、夏物衣類を衣替えする際は「ウエットクリーニング」をオプションで頼むと良いでしょう。品質に定評のあるクリーニング店を選ぶのがウエットクリーニングを依頼する秘訣です。

まとめ

  • 油汚れは「ドライクリーニング」
  • 汗と醤油は「ウエットクリーニング」
  • 何だかわからない汚れは「染抜き」
  • 染抜きが無料でできるのは「宅配クリーニング」

すすめの宅配クリーニング会社はここ!

  • ビジネスマンにおすすめは、高品質で普通価格、時短ができて保管も可能な「リネット
  • 高級なブランド衣類を、高品質かつ激安に洗濯でき、保管が無料なのは「リナビス

lenet-botan

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする