汗や皮脂にまみれた夏服の「衣替え」。「しまい洗い」と「宅配・保管クリーニング」でラクにお安くのり切ろう!シミ・黄ばみ・虫食いとさようならする方法を網羅

宅配クリーニングの基礎知識
“まほこ”
こんにちは!案内人のまほこです

 

衣替えの季節ですね(^^)

 

衣替えでは「洗ってからしまう」。これをしないと、翌年に、シミの悪化・黄ばみ・虫食いでお洋服をだめにしてしまうことがけっこうあります。

 

衣装ケースを次のシーズンにあけたら、襟・首・脇が黄ばんでしまったという経験のある人は多いのではないでしょうか。

 

私も気に入っているホワイトのシャツを黄ばませてしまい、次の年に残念な思いをしたことがあります。

 

そこで、今日は、衣類を長持ちさせる最大のコツ「しまい洗い」について紹介します。

 

それではレッツゴー!

 

 

しまい洗いとは?

衣替えでは「しまい洗い」をしよう!

 

「しまい洗い」とは、「衣替え」の時に、衣類を押入れやクローゼットにしまう前に洗うことです。目に見えない皮脂汚れや汗をしっかり取り除くことが目的です。

 

汚れをしっかり落とすと酸化が起こりにくく、黄ばみのリスクが激減します。この「しまい洗い」の一手間で衣類がぐっと長持ちします。

 

 

しまい洗いをしないとどうなる?

「しまい洗い」が翌年の衣類のコンディションが決まる

 

長い間タンスの中に衣類をしまっていると衣類の汚れが酸化していき、最後には黄ばみになります。

 

汗は透明なので乾くと見えなくなりますが、汗を落とさないまま時間がたつと酸化して黄色くなるためです。

 

ひどい場合は汚れが大好物の「虫」に食われてしまいます。

 

とくに襟・袖口・脇の部分は黄ばみになりやすいです。

 

 

シミや汚れは時間が経てばたつほど落ちにくいもの。

 

つまり、ひと冬越してしまった「汗や皮脂がついたままの衣類」はダメになる可能性がとても高いのです。

 

 

しまい洗いの進め方

そこで、お洋服を長持ちさせるための「しまい洗い」のやり方を紹介します。

 

最初に、衣類に合った洗い方を見極めます。

 

“まほこ”

  • 水洗いできるものは家庭で洗います
  • 水洗いできないもの(スーツ類・ウール素材など)はクリーニングに出します
  • 水洗いできるか迷ったら洗濯表示を確認します

 

 

洗濯マーク一が以下の印(ドライクリーニングしよう)であればクリーニングに出してください。

 

クリーニングに出すべき衣類を見分け方

 

 

家庭での洗い方

水洗いできるものは自宅かコインランドリーで洗いましょう。洗剤は、洗浄力の強い粉洗剤(「そよ風」など)がおすすめです。

 

 

もちろんアタックやアリエールなどの一般的な液体洗剤でも大丈夫ですよ。

 

コツは2つ。

 

“にゃおん”

  • シミをしっかり落とすこと
  • すすぎの回数を増やし、洗剤や汚れをしっかり落とすこと

 

自宅の洗濯機の「オートモード(自動コース)」ではなく、「すすぎの回数を増やす」設定を行うなどして、衣類にできるだけ何も残さないことが肝心です。

 

 

 

皮脂汚れ・シミの落とし方

洗濯機での洗浄だけでは落ちないシミがついている場合はシミ抜きをします。ここでは3つのシミ抜きの方法を紹介します。

 

「一般的な漂白剤につける」

1つめは「ワイドハイター」などの漂白剤をシミの部分につけて30〜1時間放置する方法です。最も簡単です。

 

 

「クレンジングオイル」を使う

2つめは化粧を落とす「クレンジングオイル」を使う方法です。クレンジングオイルは油性の化粧品を落とすためのものなので襟・脇・袖口などに効果を発揮します。

 

 

シミや汚れが気になる場所にクレンジングオイルを揉み込み、約40°のお湯に約30分つけておきます。その後、軽くすすいでから洗濯機に入れて洗います。これで大体の皮脂系のシミは取り除けます。

 

 

「魔法水」を使う

3つめはクリーニングのプロがよく使う方法である「魔法水」を使う方法です。TVでも紹介されて有名です。

 

ただし「水洗いNGの衣類」は色落ちするので使えません。また「ドロ汚れ」「インクの染み」には効果がありません。洗濯機で普通に洗える衣類だけに利用しましょう。

 

また魔法水は作り置きができません。アルカリ性と酸性の材料を混ぜてつくるので、時間が立つと中和して効果がなくなるためです。

 

まずはこれらの注意点を理解します。その上で魔法水を利用しましょう。

 

魔法水の作り方。重曹を大さじ1杯・酸素系の衣料用漂白剤(液体)を大さじ3杯・食器用中性洗剤3滴を混ぜると完成です。

 

ここで注意が1点。

 

決して塩素系の漂白剤は使わないでください。酸性の洗剤と混ざると有毒ガスが出る可能性があります。魔法水は「酸素系漂白剤」を使いましょう。

 

以下、AmazonPrimeで送料無料かつお安めの商品を厳選しました。

 

 

次に、きれいなタオルを下に敷いて、ブラシに魔法水をつて衣類の汚れたところに魔法水を染み込ませます。

 

色の濃い洋服は目立たないところで試してからにしてください。また衣類に魔法水を塗る時はこすらないようにしましょう。魔法水を染み込ませると驚くほどシミが落ちていきます。

 

その後、魔法水をつけたまま洗濯機で洗います。これで完了です。

 

 

家でシミ抜きをしたくない場合

自宅で落ちないシミがある場合や、シミ抜きが大変だからやりたくないという場合は、無料でシミ抜きをしてくれる「宅配クリーニング」がおすすめです。

 

一般的なクリーニング店では「シミ抜き」は有料です。

 

一方、宅配便で衣類を送り、自宅から出ることなくクリーニングが完結する宅配クリーニングは、口頭で気になる点を伝えられないという性格から「シミ抜き無料」の会社が大多数です。

 

 

しかも、料金が一般店より安くなるケースも多々あります。いい事ずくめなため、2014年ごろから人気が急上昇しています。

 

“まほこ”

家で落とせないシミがある、シミ抜きは面倒、時間がない。そんな時は宅配クリーニングを利用してみてください。とても便利です。

 

 

シミ抜き無料の宅配クリーニングオススメ2選

衣類ごと定価式のリネット:使い勝手最高。クリーニング料金600円以下の洋服、一般的なクリーニング店からの乗り換えならここ一択!

 

パック料金式のリナビス:超高品質が格安・保管6ヶ月無料。衣替えでの保管・コート類・ブランド服ならここ一択!

 

 

ドライクリーニング

“のりお”

スーツ・アウター類・繊細なお洋服・ニット・ウール製品など、家庭で洗えないものや、洗うのが難しくて失敗しそうなものはクリーニングに出しましょう。

 

クリーニングに出す時のしまい洗いのコツは「汗抜き加工」「ウエットクリーニング」と呼ばれる、汗など「水溶性の汚れを落とすオプション」を使うことです。

 

ドライクリーニングとは、水洗いできない素材を「クリーニング専用の溶剤」で洗うことです。

 

溶剤の多くは石油を原料としています。そのため油汚れには強いのですが、汗などの水溶性の汚れをしっかりと落とすことができません。

 

夏の汗をばっちり吸った洋服や、冬のワキ汗が染み込んだ洋服。

 

これらはウエットクリーニング(特殊水洗い)をすることで完璧に汚れを落とすことができ、結果的に長持ちさせることができるのです。

 

1つ問題なのはウエットクリーニングは少々お高いことです。安いお店でもオプションでつけるのに1,000円/点前後します。

 

例えば、クリーニング料金が1点600円の衣類なら1,000円プラスで1,600円かかります。

 

ここでおすすめなのが「パック料金式のリナビス」です。

 

コートや高級素材など「クリーニング代金の高いお洋服」を、1点1,000円程度で高品質なクリーニングをしてくれ、最大6ヶ月も保管してくれる宅配クリーニングです。

 

高品質を売りにしているリナビスのクリーニング溶剤は、「汗抜き効果のある、10段階評価なら8クラスの溶剤」です。

 

オプションをつけなくても、リナビスに頼むだけで大まかに汗抜きまでできます。

 

保管も併用すれば、6ヶ月間夏服でも冬服でも預かってくれます。

 

宅配便でお洋服を送るだけでここまでできるのは本当に便利ですね。

 

おまけにクローゼットまで広くなり、次のシーズンを快適に迎えることができますよ。

 

 

まとめ

自宅で洗えるもの
  • シミ抜きをしてから洗濯 → しまう

 

自宅で洗えないもの
  • クリーニングに出す → しまう
  • クリーニングでウエット加工を加える → しまう
  • ウエット効果つきクリーニング+保管 → 衣類長持ち&クローゼットスッキリ

 

おすすめ宅配クリーニング
“まほこ”

  • クリーニング料金600円以下の衣類のクリーニングなら「リネット
  • 格安で「ウエット加工+保管」までしてもらうなら「リナビス

 

当サイトは40社以上の宅配クリーニング比較し、実際に利用した感想をもとに記事を書いています。

 

おすすめの宅配クリーニング2つは、どちらも品質・利便性・保管場所の安全性がずば抜けて高いです。その上、料金も安いです。

 

特にリナビスなら、コートやジャケットなどのクリーニング料金の高い衣類はむしろ激安です。

 

一方、Yシャツ・ブラウスなどの料金はリネットでも激安クリーニング店よりはほんの少しだけ(1点50円前後)高いですが、そのぶん自分の時間を得られます。

 

  • 忙しい方
  • 共働きの方
  • 子育て中の方
  • ワーキングマザー
  • ワーキングファザー
  • 家族との時間を増やしたい方
  • 自由時間がもっとほしい方
  • ご年配の方

 

これらの方にとっては、激安店との差額(数十円〜数百円)で自由な時間を増やせることの価値はとても高いのではないでしょうか。

 

私もその1人であり、宅配クリーニングで家事の手間を減らせる良さを日々実感しています。

 

おすすめですよ♪

 

“まほこ”

30%オフなど、期間限定キャンペーンページはこちら

  • クリーニング料金600円以下の衣類のクリーニングなら「リネット

 

  • 格安で「シミ抜き+ウエット加工+保管」までしてもらうなら「リナビス