ぬいぐるみ

【失敗しない】ぬいぐるみを自宅やコインランドリーで洗う方法

まほこ
まほこ
汚れてきたぬいぐるみ、洗ってキレイにしたいですよね。

一般的なぬいぐるみ(特殊な素材が使われていないもの)は、ほとんど自宅で洗うことができます。

私も色々なぬいぐるみを自分で洗いましたが、ほとんど失敗はしませんでした。

ここでは、私が洗った方法をお伝えします。

でも、本当に大切で失敗したくないものは、プロにお願いしてくださいね。

洗う前に確認

「洗えるぬいぐるみ」かどうかチェック

最初に、そのぬいぐるみが「自宅で洗えるものかどうか」をチェックしてください。

洗濯表示に水洗い可能のマークがあればもちろんOK。

洗濯表示がなくても、特殊なもの以外は、たいてい自宅で洗うことが可能です。

クリーニング店に相談した方がよいぬいぐるみの例
  • ウールなど動物性素材の生地のもの
  • 中綿がポリエステル以外のもの
  • 中綿が偏りそうなもの
  • 高級なぬいぐるみ
  • 毛並みがふさふさすぎるぬいぐるみ
  • 巨大なぬいぐるみ
  • 色落ちするぬいぐるみ
ぬいぐるみ修理専門のお店に相談した方がよいぬいぐるみの例
  • 皮革のぬいぐるみ
  • 手足が動くもの(テディベアに多い)
  • 古くて生地が劣化しているもの
  • 装飾が多いぬいぐるみ
  • プラスチックが多用されているもの
  • 機械式のぬいぐるみ
  • 電池を入れるぬいぐるみ
  • 紙など水に弱い素材のぬいぐるみ
  • ボンドで貼り付けているもの
  • アンティークのぬいぐるみ
  • 有名ブランドの繊細なぬいぐるみ
  • 体重ベア

下準備

自宅で洗えそうだと判断したら、洗う準備をします。

パーツの確認

目などのパーツは接着剤で付けられていることがあります。

もし外れそうになっていたら、洗っているあいだになくならないように、外しておいてください。(しっかりついているならそのままでOK)

色落ちの確認

洗える材質でも、色落ちする場合は、自宅で洗わない方が無難です。

<確認方法>
水で濡らした布をぬいぐるみの目立たない所に押し付けてみて、色が移らなければ大丈夫です。

 

服を脱がせる

服を着ているぬいぐるみで、脱がすことが可能なら脱がせます。

脱がすことができなくても、洗える素材の服なら、そのまま洗うこともできます。

 

装飾品をはずす

洗えない装飾品がついている場合は外します。

 

洗い方

洗剤液を作る

使うのはおしゃれ着用の中性洗剤です

洗濯桶・洗面器にぬるま湯を入れ、おしゃれ着用の中性洗剤を溶かしておきます。

洗剤の量は、表示に従ってください。

部分汚れをチェックする

先に部分洗いしておくと仕上がりがキレイです

部分的に汚れている部分があれば、先に歯ブラシで軽くこすったり、もみ洗いをして落とします。

押し洗いをする

カピバラさん

やさしく押し洗いをします。

型崩れが気になる場合は、つけ置きだけでもある程度の汚れは落ちるので、洗剤液に20分程度つけておいてください。

落ちないシミがある場合、酸素系漂白剤なら使えます。
塩素系は×

すすぐ

まとめてすすぎました

ネットに入れて、洗濯機の一番弱い設定で、1分程度脱水します。

そのあと、キレイな水で押し洗いします。(ネットに入れたままでもOK)

これを最低でも2回くりかえしてください。

柔軟剤を使う場合は、すすぎがおわったあとに、柔軟剤を溶かした水にくぐらせてください。
※柔軟剤は必ずきれいな水で使ってください。(お風呂の残り湯はNG)

脱水する

最後にまた洗濯機の一番弱い設定で、1分程度脱水します。

乾かす

形を整える

ここできっちり形を整えるのが大切です

乾かす前に、ゆがみがあれば元の形に戻してください。

ブラッシング

ブラッシングで毛並みを整えます。目の細かいヘアブラシを使いました。

ブラッシングで固まった毛並みをほぐしてあげると、仕上がりがキレイになります。

風通しの良いところで陰干し

平らな場所で陰干しします。

風通しの良いところで陰干しします。

洗濯ばさみは跡が付くし、吊るすと中綿が偏るので、ピンチハンガーの上に寝かせるなど、平干しがおすすめです。

※水分が残ったままだとカビがはえる可能性があるので、中までしっかり乾かすこと。
大きなぬいぐるみは2~3日かけて乾かす。

冬は乾きにくいので、春~夏にかけてがおすすめ
梅雨の時期はコインランドリーの静止乾燥が便利です。

ぬいぐるみを自宅で洗ってみた感想

手順的にはそんなに難しくなかったですが、数が多いと大変!

これとは別に、大きなトトロのぬいぐるみがあったのですが、水を含むと重いし、きちんと乾かせる自信もなかったので、宅配クリーニングにお願いしました。

大きなぬいぐるみはクリーニングに出す方が無難だと思います。

少しでも手順に不安があったり、失敗できない大切なぬいぐるみなどは、クリーニング店などのプロに任せてくださいね。

ぬいぐるみをクリーニングできるお店3選。大量・巨大など、目的別におすすめの宅配サービスを紹介 もし、修理が必要なほど傷んでいたら、修理のできるお店もありますので以下の記事を参考にして下さい。 https://ww...