「ベルメゾン」の宅配クリーニングってどう?| 丁寧な仕上げのぶん料金は高め。保管あり。大手通販会社のネットクリーニングサービス

口コミ・評判・体験談 

imgres

ベルメゾンの宅配クリーニングとは?

通販で有名なベルメゾンが運営している宅配クリーニングです。大きくは、「普通のドライクリーニングのコース」、「高級素材専用の手仕上げコース」、これら2つに「最大9ヶ月の保管サービスを足した保管コース」の3つで成り立っています。

プランの中身をよく調べてみると、他の宅配クリーニングよりも料金が高めの設定になっており、その分丁寧な仕上がりを心がけていサービスであることがわかりました。また、基本的には、受付を「ベルメゾン」が行い、提携のクリーニング工場に衣類は送られる仕組みであることもわかりました。そのため、ユーザーは「ベルメゾンで申し込んだつもり」になりますが、ベルメゾン側は「衣類が現在どの行程」を通過しているのかわかりません。

結果として、「衣類がいつとどくのか」「合計点数は何着と検品されたのか?」「ちゃんと工場にとどいたのか?」などのクリーニングを出したらちょと気になる情報は、わからないまま、クリーニングが終わった衣類が手元に返ってくるという、僅かな不安を感じる流れとなります。

ベルメゾンの宅配クリーニングの納期

納期は工場到着後7日以内に返送」とあり、少しアバウトな設定です。実際の利用者は送ってから11日後に配達されたという方もあり、2週間を見ておくのが無難です。クリーニングだけと考えると、少し長いですね。

 

ベルメゾンの宅配クリーニング料金

  • Mコース:最大7着まで 6,750円
  • Lコース:最大12着まで 10,260円
  • 1枚あたり 792円〜

プランが「S・M・L」になっているのがファッションを扱う会社らしくて親しみが持てます。このスタンダードプランは、万が一仕上がりが不満でも再仕上げはしてくれません。ここは他のサービスでは再仕上げしてくれることも多いので、残念です。

また、上限点数を上回る衣類が入っていた場合は、クリーニングなしで他の衣類と一緒に返送となります。他のサービスでは1点500円で追加などができるので、この点でも残念です。厳密に点数を合わせるのは面倒ですが、ベルメゾンを使いたいという方はぴったり合わせてください。

 

ベルメゾンの長期保管サービス料金

long_term

  • 長期保管スタンダードコース
  • 最大保管期間は9ヶ月
  • Sコース:最大10着まで 10,800円
  • Mコース:最大15着まで 15,660円
  • Lコース:最大20着まで 19,980円
  • 発送日の指定ができません。返送予定月のどこかで届きます。

 

カシミア・シルクアンゴラ専用「プレミアムコース」保管あり

151030_fuku_img_01

プレミアムコースはデフォルトで保管がついている

 

カシミアやアンゴラなどの高級素材を手仕上げで洗うコースです。トリートメント加工や、そのまま吊してOKな不織布包装です。プレミアムコースは最大10ヶ月保管が可能です。

  • Sコース:最大6枚まで 12,150円
  • Mコース :最大10枚まで 18,900円
  • Lコース:最大15枚まで 27,000円

発送日の指定ができます。通常サービスにはない特別なサービスです。また、品質保証をしており、仕上がりが不満であれば再仕上げを無料でしてくれます。

 

クリーニングの丁寧な行程を公開している

i

 

ベルメゾンの宅配クリーニングは1着あたり800円〜と、他に比べて料金は高めですが、そのぶん丁寧にクリーニングすることを売りにしています。その丁寧な行程をホームページで詳しく紹介しています。ベルメゾンほどきっちり紹介しているサービスは、調べた限りでは少ないので、信頼性は高いです。ここからは、ベルメゾンの行程を少し紹介します。

1. 検品。

irui_img_01

専用部屋で検品担当者が洋服を一つひとつ目で確かめながら丁寧に検品します。わずかな汚れ・シミも見逃しません。自身でシミを抜いてほしいところに「シミ抜きシール」を貼って送りますが、その指示の他にも汚れや傷や糸のほつれがある場合チェックし、記述を残します。

 

irui_img_03

 

2. シミ抜き。

irui_img_04

 

熟練のシミ抜き職人がシミを抜きます。食べこぼしやインク系など、シミの種類により薬液を使い分けます。このシミの種類を素早く見抜く目と、素早く確実に落とす技術は経験がものをいいます。

 

3. クリーニング。

irui_img_07

多くのお店では、一度に大量の衣類を洗いますが、ベルメゾンでは、ユーザー単位での「個別洗い」を行います。小ロットで処理すると仕上がりに差が出ます。衣料の素材にあわせた設定で洗ってくれるので、繊細な衣類を守りつつ、汚れをしっかりと落とせます。

 

4. 乾燥。

irui_img_08

吊り干し専用の乾燥機(クローゼット型の「立体静止乾燥機」)で乾かします。ぐるぐる回さないので、衣類を傷めません。色移りや型くずれも防いでくれます。

 

5. プレス・仕上げ。

irui_img_10

熟練者の手仕上げアイロンや、トルソー型のプレスマシンで立体的に仕上げます。また乾燥が十分可を検査機で検査します。乾きが不十分だとクリーニング臭の原因になるので、大事な一手間です。

irui_img_15

 

6. 梱包・発送。

irui_img_14

ビニールに包んで丁寧に梱包します。不織布のラッピングはプレミアムコース限定です。

 

7. 保管。

irui_img_17

巨大な専用倉庫で大事に保管してくれます。温度や湿度を衣類にとって最適な状態に保っているので、自宅よりも衣類にとって優しいです。

 

 

ベルメゾンでクリーニングできない衣類

皮革・毛皮製品・着物類・肌着・下着類・毛布・布団・枕などの寝具類・帽子やドレス等・洗濯表示の付いていないもの・濡れているもの・ペットが使用したもの・洗濯不可のもの・その他クリーニング会社が洗濯不可と判断したもの。

 

ベルメゾンの口コミ

  • 「ベルメゾン会員なので、服を買うのと同じ感覚で宅配クリーニングを購入できてラクでした。欲を言うと、もう少し安いといいですね。」
  • 「最近送付に使う袋が改良されて、衣類を入れやすくなりました。また利用します。」
  • 「2回めの利用です。仕事が丁寧なので安心してます。」
  • 「天気が悪くても気にならないのでいいです。」
  • 「初めて保管サービスを利用しました。クローゼットが空になって嬉しいです。もっと早く利用すれば良かったです。」

 

ベルメゾンの宅配クリーニングまとめ

クリーニング品質がベルメゾンよりも高く、新規利用ではブラウス衣類もOKで、料金もベルメゾンよりも安い会社「リナビス」があります。

ベルメゾンの丁寧さは魅力的ですが、同類のサービスで比較すると、総合点ではリナビスに軍配感があります。

とはいえ、ベルメゾン会員の方には会員ならではのメリットがあるのでおすすめします。それ以外の方は、リナビスがおすすめです。

 

 

ベルメゾンの申込み方法

ベルメゾンの宅配クリーニング公式サイトはこちら