【保存版】「クリーニングするべき衣類」と「出す頻度」「出すタイミング」のまとめ


「このお洋服、クリーニングに出したほうがいいの?」

あなたは、大切なお洋服を自分で洗うべきか、クリーニングに出すべきか迷ったことはありませんか?

上質素材のもの、縮みやすい服、型崩れしやすい服などは家で洗って失敗したくありませんよね。

私には定価1万円のウールのセーターを自分で洗い、縮んでしまった悲しい過去があります。

このような失敗をあなたにしてほしくありません。

というわけで、今回はクリーニングに出すべき衣類とその見極め方、そして出すタイミングを詳しく紹介します。

“わおん”
もくじから、読みたいところにジャンプできるよ♪

クリーニングに出すべき衣類を見分ける3つのコツ

コツ1:「水洗い」できない衣類はクリーニングへ

自宅で洗えるのは、基本的に「水洗い」できる衣類のみです。

自宅の洗濯機は「水洗い」のためのマシンですし、手洗いをする場合も水を使います。

Tシャツ・綿シャツ・アクリル・下着類などは自宅で洗えますが、上等な衣類のほとんどは「水洗い」に向いていません。

“わおん”
「このお洋服は水洗いが難しい」と感じた衣類はクリーニングに出しましょう!

コツ2:「洗濯マーク(洗濯表示)」を見る

クリーニングに出すべき衣類を確実に見分ける方法は「洗濯マーク(洗濯表示)」を見ることです。

この表示が「家庭では洗えない」となっているものは全てクリーニングに出しましょう。

消費者庁の指示で、2016年12月に洗濯マークが一新されました。

これまでの表示には「いちおう家で洗えるけれど、できればクリーニングに出してね」という意味の「どうすべきか分かりにくいマーク」がありました。

一方、2016年に一新された洗濯マークはとても分かりやすいです。

というわけで、次の図で説明する「2つのマーク」がついているものはクリーニングに出しましょう!

洗濯マークの変更と、クリーニングに出すべき衣類を見分け方。消費者庁「新・洗濯マーク」についてはこちら

“わおん”
「×マーク」と「Pマーク」はクリーニングにだそう!

クリーニングに出すべき素材一覧

以下は、消費者庁が「クリーニングに出してね」と言っている素材の一覧です。

これらは「洗濯マーク」でも「自宅で洗うのは困難、クリーニングに出してね」という意味のマークがついています。

  • ウール100%のニットなど上質素材
  • 毛(ウール)
  • 絹(シルク)
  • テンセル
  • レーヨン
  • ポリノジック
  • キュプラ
  • アテセート
  • 皮革製品
  • 毛皮
  • ビロード
  • べロア素材
  • 起毛したもの
  • 繊細なレース模様
  • 刺繍
  • 芯地が使われていいる衣類
  • シワ加工やちりめん加工品
  • プラスチック以外のボタン
  • 真珠などの装飾品つきのもの

“わおん”
判断がつかないものは「洗濯マーク」を見て、「×マーク」か「Pマーク」ならクリーニングへ。

「×マーク」と「Pマーク」以外の衣類は、ほぼ自宅で洗えます。洗う時はエマールやアクロンなど「ドライ用洗剤」がおすすめです。

おしゃれ着用の洗剤を使い「洗濯機のドライクリーニングモード」で丁寧に洗いましょう。

コツ3:「1万円以上の服」はクリーニングへ

3つめのコツは、ブランド衣類・高額の洋服(1万円以上)は自動的にクリーニングに出すことです。

この記事を書くために相談したクリーニング屋さんは、ご自身がクリーニングに出すかどうかを「購入額が1万円以上かどうかで判断する。」と言っています。

数万円する衣類に安い素材は使われないため、そもそも丁寧な洗いが必要なためです。

万が一、ブランド衣類を自宅で洗濯して失敗してしまった時の悲しさは想像すらしたくありません・・・!

私も先日、15,000円で購入したセーターを洗濯機で洗い、元の大きさの80%に縮ませてしまいました・・・

縮んでタイトになってしまったセーターは、当然入りませんでした(TT)

あなたにはこんな悲しい思いをしてほしくありません!

  • 高級ブランドの衣類
  • MONCLERなどのブランドコート
  • 10年着るつもりで買ったオーダースーツ
  • 5年着るつもりで買った上質なジャケット
  • 上質素材のセーター
  • よそ行きのワンピース
  • ほか

1万円以上の服は、クリーニングを利用することで長く愛用できます。

“わおん”
1万円以上の服はクリーニングに出そう!

クリーニングに出すべきタイミングTOP3

クリーニングに出す頻度やタイミングはいつがいいのでしょうか?

  • 「衣類の種類によって出すタイミングは違うの?」
  • 「シーズンが終わったらすぐに出すべき?」
  • 「次のシーズンが始まる前?」

プロのクリーニング屋さんに衣類の種類別にベストなタイミングを聞いてきたので解説します。

そして、衣類別に「最もおすすめの宅配クリーニング」を紹介します。

“わおん”
ジャンルごとに最もおすすめの宅配クリーニングを紹介します

タイミング1:スーツなど普段着る服を「洗いたい」時

1つめのタイミングは、スーツ・Yシャツ・ジャケット・ワンピース・スカートなど、仕事や日常で着ている服を「洗いたい」と感じた時です。

例えば、スーツ。持っている着数にもよりますが、週に5日前後着るものなので皮脂汚れや汗汚れが沢山つきます。

すると、個人差はありますが、2週間〜1ヶ月に一度はクリーニングに出して汚れを落としたくなってくると思います。

洗いたくなった時が「洗い時」です。シャキッとしたスーツに戻してあげてください。

アンダーウエア(下着類)を利用し、汚れにくい状態で着ておられる方でも1ヶ月に一度は定期的にクリーニングに出しましょう。

“わおん”
スーツやおしゃれな着を定期的に出すのに最もおすすめなのは「リネット」です。

「リネット」が普段使いにおすすめの理由は、何と言っても中2日で受け取れることです。これは業界最速です。40サービス調べたので間違いありません。

よく着る衣類がいつ戻ってくるのかわからないのはストレスです。

要る服が戻ってこないと本当に困ります。これを避けることができるのがリネットです。

しかもリネットは送料込みの料金が「一般的なクリーニング店」と同等かむしろ安いです。

会員になれば、スーツ上下は1,150円Yシャツは180円、送料は2,400円以上で無料です。

スマートフォンアプリで集荷依頼・料金確認・受取日の確認もできます。

東京都23区内であれば、深夜に受け取りたい方のための24時まで配達オプションと、箱配達を避けたいかたのためのハンガー配達オプションを選べます。

クリーニング作業が自宅で簡潔するので超ラクになります。

品質も高くて安心です。

あらゆる宅配クリーニングの中で、最も普段使いに向いているサービスであることは間違いありません。

“ぱんでぃ”

タイミング2:衣替え(シーズン終わり)

2つめのタイミングは「衣替え」の時です。

今現在「目に見える汚れ(食べこぼしや黄ばみ)」が無いからと、オフシーズンの間ずっと保管してしまうと、次の季節に使えなくなる可能性があります。

「目に見えない汚れ(皮脂汚れやホコリ)」が原因となり、知らない間に虫がついて穴があいたり、カビが生えたりしやすいのです。

しかし、あなたは本当に目に見えない汚れなんてついているの?と思われるかもしれません。そこで、驚愕の事実をお伝えします。

ワンシーン着たコートは、バスマットよりも汚い」です・・・

ワンシーン着たコートを「押し入れに放置」した後、汚れの測定検査(拭き取り検査)を行いました。すると、バスマット(汚れ度2269)よりも汚い、コート(汚れ度2643)という結果が出ました・・・!『日刊SPA!』の調査より

バスマットよりも汚くなってしまったコートを、翌年も着るのはためらわれます。季節の終わりの「衣更えをするタイミング」で必ずクリーニングに出してくださいね。

“わおん”
シーズン終わりの「衣替え」に最もおすすめの宅配クリーニングは「リナビス

「リナビス」は、超高品質のクリーニングが最安値のお店です。

品質は白洋舎波みの「高級な仕上げ」で、ブランド衣類も安心です。

しかも、1着800〜980円で高級クリーニングのみならず、最大6ヶ月の長期保管サービスを受けられます。

「高品質&長期保管」をセットで利用できるサービスの中では、間違いなく宅配クリーニング業界最安値です。

しかも、他社の保管商品は受付期間が決まっているので受付期間外だと依頼できません。

一方、「リナビス」は年中無休で受け付けています。

思い立った時にいつでも長期保管を頼めるのは本当に助かります。

「衣更え」なら「リナビス」1択といっても良いでしょう。

タイミング3:汚れがついた時

3つめのタイミングは「汚れがついてしまった直後」です。

うっかり醤油やドレッシングをこぼしてしまったり、泥汚れが飛び散ってしまった時はすぐにクリーニングに出しましょう。

早ければ早いほど汚れが落ちやすいです。

逆に時間が経過してしまうと、衣類に汚れが染み込んで、落ちるものも落ちなくなってしまいます。

“わおん”
汚れがついてすぐに依頼するなら「リネット」がおすすめ

汚れがついた時に「リネット」がおすすめの理由は、あらゆるクリーニングサービスの中で「最も素早く出荷できる」からです。

最速で出荷できる理由は「自宅にある要らない袋」に衣類を詰めて送れば良いためです。

集荷依頼も簡単です。スマートフォンアプリからヤマト運輸を呼び出せます。

宅配便のドライバーさんが、専用の伝票を持ってきてくれます。

他のサービスは「集荷キッド」の取り寄せが必要なことが多いでの、「衣類を送る」という出だしのところで一歩出遅れます。

そうする間に汚れが沈着してしまいます。

受け取りも二日後から指定ができます。この早さは業界最速です!

というわけで、リネットが「うっかり衣類を汚した時」には最適です。

「リネット」の料金は街のクリーニング店と同じ体系で、衣類ごとに料金が決まっています。送料も2,400円以上で無料です。

だから必要なものだけをピンポイントで依頼できます。

会員になるのが一見ハードルが高そうですが、300円/月の会費は初月無料です。年3回以上クリーニングを利用している方にとっては、料金プラン的に一切損はありません。

退会もウェブから簡単にできるのでリスクが全くありません。汚れがついてしまった時は「リネット」へ急ぎましょう。

衣類別、クリーニングに出す頻度とタイミング

コート・ダウンコート・上着

コート類はワンシーズンに1~2回クリーニングに出しましょう。とくに季節の終わりには必ず出しましょう

ワンシーズン着たコートはバスマットよりも汚いです。日刊SPAの実験で証明されています。次のシーズンまで放置すると、カビなどで使えなくなる可能性もあります。

“わおん”
シーズン終わり・衣更えでコートや上着を出すケースでは「リナビス」が最適です

例えば、白洋舎なら「ダウンコート1着3,600円」、リネットなら2,670円と、コートはどのクリーニング店でも高額です。

このような一般的に高額なコートが「リナビス」なら1着800円〜980円でOKです。ブランドのダウンコートも追加料金なしです。

クリーニング品質は最高ランクです。白洋舎の高級コース並の「高品質クリーニング」を、キャリア20〜40年の職人さんの手仕事でやってくれます。

ボタン付けやほつれの修繕も、気を利かせてやってくれます。あり得ないほど高品質なので、大切なコートも安心して依頼できます。

私も衣替えの時はリナビスに頼んでします。

コート・ジャケット類の依頼はは「リナビス」が最も賢い選択で間違いありません。

スーツ・ワンピース・スカート

衣替えの時期には、夏場に書いた汗、冬の暖房で蒸れたスーツはぜひウエットクリーニングをプラスしてみよう。

スーツの上下・ワンピース・スカートなど肌に触れるものは、皮脂汚れ・汗・臭い・ホコリに毎日のようにさらされています。

少なくとも1ヶ月に1回はクリーニングに出しましょう。夏場は汚れたと感じたら2週間に1回でも良いです。

また、ひどく汗をかいたものはドライクリーニングに加え、オプションで「ウエットクリーニング(汗抜き加工)」をプラスしましょう。

ドライクリーニングでは皮脂汚れはばっちり落ちますが、汗汚れは完璧には落とせません。汗汚れは水洗いをして初めて落としきれます。

自宅では水洗いが難しくても、プロの技で水洗いをする「ウエットクリーニング」なら可能です。

ほんの少し費用はかさみますが、さっぱりとした洗い上がりや、汗の臭いが取れていることに感動するはずです。

“わおん”
普段よく着るスーツやスカートを出すなら「リネット」がおすすめ

リネットは品質が高い割にスーツやスカートの料金が安いです。ウエットクリーニングも追加料金が700円とお手頃です。

リネットはスマートフォンアプリで集荷依頼できて中2日後に受け取れるなど、使い勝手が、宅配クリーニングの中で最強です。

自宅で全てのクリーニング作業が終わるため、楽だし時間もお金も節約できるし、クリーニング店の営業時間に間に合わなくても平気です。

私もリネットを利用していますが、超絶便利なので、もう街のクリーニング店には戻れません!

Yシャツ・ブラウス

ワイシャツは1回着たらクリーニングへ。自宅で洗う場合は、襟周りが汚れてきたら時々クリーニングにだして「染抜き」を依頼しよう

ワイシャツやブラウスをクリーニングしたい方は1回着たらクリーニングへ出しましょう。宅配クリーニングはシミ抜きが基本「無料」です。

自宅で洗いたい方は、襟周りが汚れてきたらクリーニングに出して「染抜き」を依頼しよう。

襟周りや袖口の皮脂汚れを自宅で完全に落とすのは大変です。月に1回でも「染抜き」をすれば綺麗で長持ちします。

“わおん”
シャツなら「リネット」がダントツでおすすめ

シミ抜き無料・Yシャツ料金が180円と安いこと、スマートフォンアプリで集荷依頼できて中2日後に受け取れることなど、仕事着をいつもクリーニングに出す方にとって、最高の使い勝手を誇ります。

セーターや上質なニット

筆者は自分でウール100%のセーターを水洗いして縮ませてしまったことがあります。1万円のセーターがゴミ同然となり、ダメージが大きかったです。必ずクリーニングに出しましょう!

ウール100%・カシミア・アンゴラなどのニットやセーター、マフラーや帽子など、上質素材で何度も着るものは、縮みを避けるためにクリーニングに出しましょう。

クリーニングには「汚れや臭いが気になったタイミング」に出しましょう。セーターをよく着る時期には、1~2週間に1回を目安にしてください。

また衣替えのタイミングには必ずクリーニングをしましょう。汚れたまま長期間放置すると虫食いの原因になります。皮脂汚れは虫の大好物だからです。

“わおん”
セーターやニットでおすすめの宅配クリーニング「リネット」です

リネットのセーター料金は440円と安いです。プレミアム会員になると、セーター類を柔らかく長持ちさせてくれる「リファイン加工(柔軟仕上げ)」が無料です。

この加工は、セーターやニットを新品のように蘇らせてくれます。私は自分のセーターの柔らかさに感動しました。ふわっふわで肌当たりもよく、クリーニング前よりもチクチク感が無くなっていました。

普通のクリーニング店では有料なので、リネットは断然お得・上質です。

“ぱんでぃ”
セーターにぴったりの リネットの詳細はこちら

プリーツスカート・フリル

型崩れが気になるプリーツスカートやフリルはクリーニングに出しましょう。頻度は汚れや臭いが気になったタイミングで十分です。

“わおん”
月1〜2回の利用ならリネット

「2週間〜1ヶ月に1回ぐらい利用」しているなら「リネット」です。

一部の上質素材(カシミヤ、シルク、合皮、麻など)には+ 480円の追加料金がかかりますが、ウールは通常の範囲内なので、追加が必要なケースは少ないでしょう。

“ぱんでぃ”

“わおん”
ワンシーズンに1回利用ならリナビス

あなたがクリーニングを「2ヶ月〜シーズンに1回利用」しているなら「リナビス」です。

このケースではそのシーズンに利用した衣類をまとめてクリーニングに出すので、点数製かつ高品質で長期保管も可能な「リナビス」が最適です。

ファーやベルトのついた服

ファーやベルトがついているのは大抵コートやジャケットです。これらはワンシーズンに1~2度クリーニングしましょう。中でも衣替えの時期には必ず出しましょう。

“わおん”
付属品のついたコートやジャケットを出すのにおすすめは「リナビス

ファーやベルトのついた服は「付属品がメインの衣類とセットで1カウント」になるクリーニング店に出すのがおすすめです。

付属品をクリーニングに依頼すると、1点にカウントされて追加料金が必要なケースが多いものです。

一方、「リナビス」ではコートや衣類のファーやベルトは「衣類の付属品」と考えるので1着分の料金で小物もキレイに洗ってくれます。最もお得です。

ブランド衣類

エルメス・CHANEL・GUCCI・ディオール・オロビアンコ・カルティエ・シーバイクロエ・セリーヌ・クロエ・コーチ・バレンシアガ・BURBERRY・ダンヒル・トリーバーチ・プラダ・ブルガリ・フェリージ・フェンディ・マークジェイコブス・ミュウミュウ・フルラ・ボッテガヴェネタ・MONCLER・DAKS・ニューヨーカー・タトラス

ブランド衣類は、なるべくクリーニングに出す回数を減らすのが良い選択肢です。

プロが洗うとは言え、クリーニングは「洗濯の一種」です。洗う回数が少ないほど傷みも少ないです。汚れたタイミングか、シーズン終わりに出しましょう。

ブランド衣類でオススメはダントツで「リナビス」です。

白洋舎のローヤルコース並の「超高品質クリーニング」が、一般的な高品質クリーニングの半額程度の1着800円〜980円です。これは破格です。

長年クリーニングしていない服

長期間クリーニングに出していないものがあれば、一度クリーニングに出してさっぱりさせると気持ちよく着ることができます。

衣更えのシーズンに出すのが効率的です。衣更えに最適なのは「リナビス」です。

料金体系が5点・10点・20点の点数制で、超高品質のクリーニングが格安で、長期保管も無料で依頼できます。

“ぱんでぃ”

「洗いどき」を逃すリスクとは?

「クリーニングは高いから・・・」とつい激安店やセール期間を狙いがちになりますが、ドライクリーニングは、思っているほど高くありません。

汚れが着いた時が落とし時です。汗をかいたらできるだけ早く洗い、内側の汚れや臭いが取れなくなる前にクリーニングに出して、衣類を長持ちさせましょう。

安いタイミングを待っていると、どんどん衣類の汚れが落ちにくくなり、早く衣類をダメにしてしまいます。

その結果、新しく購入することになり、クリーニング代金よりはるかに出費がかさみます。これでは本末転倒です。

“わおん”
その衣類にとって最適なタイミングでクリーニングを利用し、衣類を長持ちさせてくださいね

どのクリーニング店に出せばいい?

おすすめは宅配クリーニング

これからクリーニング店を探している方には「宅配クリーニング」がおすすめです。

「宅配クリーニング」とは、いま急成長している「自宅でクリーニングが完結する」便利なサービスです。

まず気になる料金ですが、街のクリーニング店と同等か、送料を入れてもむしろ安いです。

通常では追加料金の「シミ抜き」も無料です。ほとんどのケースでクリーニング代金が安くなります。

「宅配クリーニング」には品質が高いサービスも多いです。大切なもの、上質なもの、コートなどの大物も任せて安心です。

また、確実に「クリーニングにかかる手間と時間」を減らせます

私の場合は、移動・荷造り・店で並ぶなどの時間などを合計すると、クリーニングかかっていた時間の80%を減らせ、かなりラクになりました。ここが一番のオススメポイントかもしれません。

宅配クリーニングリネットを使って実感の家事削減効果

ぜひ、「宅配クリーニング」でお金と時間を節約しましょう。

オフシーズンに衣類を長期間預かってくれる保管サービスも併用して広々スッキリのクローゼットも手に入れてください。

「宅配クリーニングの保管サービス」を使えばクローゼットもこの通り!

“わおん”
クリーニング店を探しているなら、宅配クリーニングが超おすすめ!次の章であなたに向いているサービスが丸わかりに♪

おすすめの「宅配クリーニング」まとめ

Yシャツやスーツを2週間〜1ヶ月に1回依頼するなら?

リネット」がおすすめです。

一番のおすすめの理由は、これまでと同じぐらいのクリーニング料金で、あなたのクリーニングにかかるお金・時間・労力を全てスリムにしてくれることです。

まずお金ですが、月額300円(定期利用すると実質会費0円になります)のプレミアム会員になると価格が安くなります。

スーツの上下セット / 1,150円、Yシャツ1着(つるし)/ 180円、スカート1着 /500円と、想像より安くクリーニングが可能です。

品質も高いです。

使い勝手も最強です。自宅でクリーニングが完璧に完結します。

初回の発送は自宅にある袋や箱でOK。スマートフォンアプリで集荷依頼が可能です。

オプションも充実しています。トリートメント仕上げ・撥水加工・花粉ガードオプションもあり、あらゆるニーズに応えてくれます。

これは、宅配クリーニング最王手だからこそできるサービスです。

“わおん”
あなたが「忙しいビジネスマン」なら「リネット」を選んでください

“ぱんでぃ”

衣替え・長期保管サービス・ブランド衣類を頼むなら?

「リナビス」は、定価の高いジャケットやコート類を「衣替えの時期」にまとめて、丁寧に洗ってもらうのに最高のサービスです。

品質は「超高品質」です。キャリア20年〜40年の熟練職人が、手仕上げで丁寧に仕上げます。この品質は、あの高級クリーニング白洋舎のローヤルコース並です。

また、長期保管が「無料」なので季節の終わりにクリーニングと保管を依頼しておけば、ベストな状態で次のシーズンが始まる前に衣類が戻ってきます。

クローゼットがスッキリして、新しい季節のファッションを満喫できますよ!

1点800〜980円でここまでしてもらえるのは、40プランを調査した中で、最安値です。

まさに破格。宅配クリーニング「リナビス」は衣替え時に頼む先として「1択」で間違いありません。

“わおん”
衣替えならリナビスが一番!

“わおん”
賢くドライクリーニングを利用して、お気に入りの衣類を長く愛用してくださいね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする